あくまでも占い師のイチ意見です。

あくまでも占い師のイチ意見です。

亡くなった人やペット・天使からの愛のメッセージを伝えるミディアム(霊媒師)Tomoちゃんが、人生をより良くするっぽいお話をつらつらと書くブログ。霊感タロットやチャネリング、故人交信のご依頼を随時承っております

他者の人生を生きるのをやめてみる

11月11日、スターゲートが開く日

今日は11月11日、スターゲートが開く日だと言われてます。
それによって、ざっくり言うと「開いたゲートを通じ、以前に増して天使や神・高次元の光が流れ込んでくるようになる」と言われています。
ただの縁起良さげなごろ合わせ?11月11日はポッキー&プリッツの日・・・と思う人も中には居るかもしれませんが…。

エンジェルナンバー1111の意味

11月11日なのでエンジェルナンバー1111の意味を書いてみます。
 【エンジェルナンバー1111】
私たちはみなひとつであり、よって、誰もが思考を通じて結びついています。
考えることに注意し、恐れではなく、
望みのほうに意識を集中させてください。
エネルギーの通り道が開きました。
あなたの思考はすばやく現実となります。
この時期、思考を賢く選ぶこと。
思考が願望と確実に一致したものであるようにしてください。
恐れには一切エネルギーを費やさないように。
そうしないと、それが現実化してしまいます。

・・・とまぁ、ここにも「エネルギーの通り道が開きました」とはっきり書いてあります。
「あなたの思考はすばやく現実となります」とも。
「思考が願望と確実に一致したものであるようにしてください」とも。

「恐れではなく、望みのほうに意識を集中させてください。」
これ、重要で大事です。
そうは言っても、なかなか難しいです。(私も難しい)

恐れに意識を集中させている状態って実は・・・

生きていれば必ず、誹謗中傷や非難も受けるし、嫉妬されることもあります。
それによって攻撃を受け、結果自分を責めてしまう。
「こんな望みを自分は持ってはいけない、自分には叶えられない、自分には価値が無い、自分は幸せになってはいけない」という思いも同時に出てきて、恐れに集中してしまいます。
恐れは恐れを呼び、自分の人生を生きるという事にも程遠い状態になってしまいます。
そんなプロセスが今の自分を作り上げているのだとしたら、それって非常に勿体ない!!
だってそれは、他者の人生を生きているようなものですから。

あなたの人生です!他者の人生を生きる必要は無い。

自分の望みを自由に思い描いても、誰もそれを罰することはできません。
他者の考えに無理に従って他者の人生を生きる必要は有りません。

例えば
親から皮肉を言われたり悪口を言われたりする場合。
親の言う事は聞かなきゃいけないと思うかもしれませんが、親だから子供に何言っても何やっても良いのでしょうか?結局人なので間違いだって起こします。その疑問は正しいです。

他者から非難されたとしたら
他者のものさしは他者のものさしに過ぎません。見かけで全ては決まらないし、「全員が全員同じものを見聞きし感じているわけではない」という事実をその人は知らないのです。
自分を無価値だと思う必要は全くありません。

・・・非難とか、悪口とか、嫉妬とかって、結局「他者のものさしでの判断」なのです。
他者のものさしに無理に従い続けることは自分の人生を生きる事を遠ざけます。

スターゲートが開いて高次元のエネルギーが流れ込んでくる、思考がすばやく現実になる
という事は、「真実に向き合って自分の人生を生きること」を決意した人にとっては味方となってより一層ポジティブな状況に引き上げられるよう変化して行きます。

逆に「他者の人生を生きようがなんだろうが知らんがな」という人にとって、それは自分の魂の領域にウソをついていることになるので「本当にこれでいいんですか?いいんですよね?これでもですか?」という具合に様々な現実を目の当たりにし真実に向き合わされるようになります。
これは結構しんどいと思います。

「あなたの人生です。他者の人生を生きる必要は有りません。」
自分が見ている物、聞いている言葉、感じている事を大切にした人が
これからの光の時代の主役になっていくのです。

あ、因みに明日は新月ですよ!
新月の願い事シート
HPから是非ダウンロードして、
あなたの魂からの望みを是非書いてみてくださいね(^^)

IMG_20151111_160744471.jpg