あくまでも占い師のイチ意見です。

あくまでも占い師のイチ意見です。

亡くなった人やペット・天使からの愛のメッセージを伝えるミディアム(霊媒師)Tomoちゃんが、人生をより良くするっぽいお話をつらつらと書くブログ。霊感タロットやチャネリング、故人交信のご依頼を随時承っております

イースターを最大に楽しんで開運する方法!

イースター・復活祭に向けて、今年もキリスト教では一番大切な聖なる3日間が始まりました。
カトリックでは、昨日は最後の晩餐を思い起こし、今日はイエス様の十字架の処刑を思い起こす。明日の夜から復活祭がはじまります。

「生まれ変わり・復活」が鍵。

日本でもイースターがクリスマス同様に広まり初めてお祭りのネタになってきてる(のかな?)
それは大いに結構なんだけど、もっと楽しめるように大事なことを念のために書いておくとね、復活祭と名の如く「生まれ変わり・復活」が鍵だと思う。
闇から光へ、冬から春へ、悲しみから喜びへ。
ざっくり言ってしまえば、ネガティブな状況無しには復活と言うのは有り得ない訳で、イースターを祝いたいと思うなら「ネガティブな状況も魂の成長の為に必要なこと、むしろ全て必要なことしか無い」その点を思い起こして、出来れば何らかのアクションを起こして大切にしてほしい。
(開運にも大事な基本中のキホン)

↑イエス様の死を思い起こすため、希望のシンボルである十字架は隠されています。

イースターを祝たいと思うなら

カトリックの信徒は、イエス様の受難と死を思い起こす為に食事制限を設けたり、自分の好きな物事を何か我慢すると言う形でアクションを起こす
信徒でなくていもイースターを祝たいと思うなら、例えば自分の弱さや弱点に向き合うと言うことをしてみたらどうかと思う。
自分の苦手なことは何だろうか、自分が嫌いな事は、自分の嫌いな人は…etc.
そして、どうして嫌いなのか、何が良くないのか、もし次に同じような状況に遭遇したらどう対処すべきかなど、色んな方角から考えてみる。

(その状況から離れる、捨てる、休むと言うのも選択肢に入ります。悪いことじゃないよ。)
自分を好きになる為に、自分を大切にする為にどんな事が出来るかも考える。
自分を責めるのではなく愛する。
そうして「自分の力を取り戻す、自分を信頼出来るようになる=自信を持つ」
すると、「力を得て復活をする事が出来る、おめでとう!」…と言うわけです。
そうすれば、春の日差しのように心が温かくなる、多産のシンボルであるうさぎのように新しいアイデアや発明が生まれるようになり豊かになる、イースターエッグのように新たな人生のスタートが出来る。


魂の成長の体験の中で、楽しいイースターを迎えられますように…